2004年12月14日火曜日

「今年はまいった!!」

 早いもので、驚き通しの2004年も終わろうとしています。
 「今年はまいりました」
 異常高温、連チャン台風、そして暖冬。
 夏これだけ暑ければビールが売れると思いきや、不景気には勝てず焼酎ばっかり。師走に夏日になったりの暖冬で清酒はサッパリ。(ビールも清酒も弊社の重要お取引先)
 そして弊社のまわり、西日本だけが米が不作という、私にとって初めての経験の下、全く動かない米のことを考えると眠れない夜もあります。(そのわりにチットモ痩せない!)

 家庭でも無意識のうちに「米」の話をしているでしょうか、中学生の娘が新聞を見て「お父さん、米とイクラの記事が出てるよ」って言います。「今どき 何で?」と思ってよくよく見ると「米国とイラク」って書いてありました。

 「米国とイラク」と言えば驚きの極めつけ、海の向こうの某国で現職大統領が再選されました。その後のマスコミの反応は「驚いた!」「情けない!」「全世界にお詫びしたい気持ちだ!」などの批判的な報道が目につきました。
 その大統領のコブンのような某国の首相は相変わらず大きな声で国民を脅し続けています。海の向こうの国も、そのコブンのような国も、保守的で田舎者の集まりなんだな、と思っています。
 わが国の自衛隊員も含めて、遠い異国でクリスマスや新年を迎えなければならない若者達と、そしてそこでしか生きていけない人達のことが心配でなりません。

 海の神様、山の神様、どうかこの地球を元に戻してください。
 2005年が平和な年になることと皆様のお幸せを心よりお祈りします。

(連日の忘年会で「大言壮語」癖が増長されている師走中頃 片山芳孝 記)⇒お酒のせいにするんじゃないよ!!

「風流だなぁ~ 2018年11月」

 当地岡山県南は古くは二毛作地帯で、麦あとの田圃が沢山ありました、今でも一部で ビール麦(A社向け)が耕作されています。  その麦作と温暖な気候の関係で全体的に稲作作業が遅く、晩生種の稲刈りは10年ほど前までは「文化の日」がピークでした。      しかし昨今では晩生種の...