2021年7月27日火曜日

金銀の つまみで今夜の 酒が増え 2021年7月

 TOKYO 2020 東京オリンピックが開幕して4日目(7月27日)。

 開催については賛否両論でしたが連日アスリートから元気をもらっています。
「やってよかった!」。
 その中でも「チームNIPPON」は大活躍!
柔道、水泳、卓球、体操、アーチェリーそしてスケートボード。連日 日の丸が上がっています。
 猛暑の中 選手の皆さんへの感謝、そして頂いた感動ですこし寝不足気味ではあります。そしてTV応援で酒量がふえているような…(気のせい?)。
 
 南九州から令和3年産の新米のニュースが届いています。
JAから生産者への仮渡金は昨年比1300~1400円/60キロ 値下がりしています。
前年産のスポット価格がものによっては一時2000円以上値下がりしたことを考えると、これで収まるの?という意見もあります。
 農協中央会の試算によると令和3年6月末の全国の米の在庫は228万トン。
さらに1年後の令和4年6月には253万トンになると予測されています(適正在庫は180万トンと言われています)。
 西日本では米の害虫 ウンカやカメムシまたジャンボタニシの発生が危惧されていますが、令和元年産迄の5年連続の値上げによる米離れの上に、コロナ禍による需要減で米余りが加速されます。

 昨年ほとんどお会いできなかった日本酒の蔵元さんへボチボチ訪問しています。
「コロナが沈静化すれば人が動き、また日本酒好きの65歳以上のオジサン達は2回目のワクチン注射が終了し、酒も売れるようになるだろう。その時に売る酒が無ければチャンスロスになるので、今季は少し増産する」というポジティブな声も聞こえました。

 そんな蔵元さんを私たちも汗をかきながら応援しますよ!
なんにしても ガンバレ!「チームNIPPON」!!

「挨拶も まず昨日の 五輪から (オリ・パラみやぎ川柳コンテスト)」

(猛暑の中 皆様 ご安全に! 2021年7月下旬 片山芳孝 記)

2021年6月23日水曜日

PLASTIC HAS TAKEN OVER OUR LIVES  2021年 6月

 

6月23日 沖縄慰霊の日。
終戦の日、広島・長崎の原爆投下の日と共に忘れてはならない日です。
 
 岡山県南では 梅雨の最中とは思えぬ清々しい日々が続いています。田植えの終わった水田の上をツバメが飛び交っています。 
 
 マイクロプラスチックが引き起こす環境問題が連日報道されています。
海洋に流出した5ミリ以下のプラスチック粒子を、魚類、甲殻類、海鳥、海洋哺乳類等が誤嚥し死に至らしめます。
 人類にと言っても大問題で、海水からの食塩の90%にプラスチックが含まれていたという研究も発表されています。
 
 そのマイクロプラスチック問題の軽減のためにわが国でもいろいろな方策がとられています。
 ①スーパーやコンビニ等のビニール袋の使用量を減らすために袋が有料となり、マイバッグ持参の方が増えました。
 
 ②コロナ禍で使われている不織布の使い捨てマスク。この原料もプラスチック樹脂です。残念ながら路上に捨てられているのをよく見かけます。これがゆっくりとマイクロプラスチックに変化しながら海洋生物に影響を及ぼすことになります。
 
 ③おなじみのペットボトル。本体もキャップもラベルもプラスチック製品です。キャップと本体はリサイクルの方法や、その後の用途が違うので必ず分別することが大切
 またキャップには環境ホルモンと呼ばれる化学物質が含まれる添加剤が使用されているそうです。
 
 ④我々農業関連の事業者に関係のあるものが、一発肥料と言われる被覆肥料。
直径2~4ミリほどの球状の薄いプラスチックの殻(カラ)で成分を覆った一発肥料は、一定の水分が浸透するとプラスチック殻が破れてゆっくりと中身が溶け出します。
 殻の材質や厚さを変えることによって肥料が溶け出すタイミングが調整されるという一見優れもの。
 肥料成分の河川や地下水への流出を減らすことで環境負荷を軽減できるとも言われ、1970年代から使われ始めています。
 現在では日本の水田のおよそ6割で利用されています。
 
 しかしそのプラスチック殻が分解されないまま河川などに流出しマイクロプラスチックとして環境に大きな影響を与えることになります。
 
 岡山県では瀬戸内海の児島湾の一部が農業用水確保のために堤防で仕切られています。
その為このプラスチック殻が外海へ流れ出ず、河原や河口に大量に堆積しています。
 また滋賀県では琵琶湖にプラスチック殻が流れ着いており大問題となっています。
 
 そこで滋賀県や、また三河湾で同様の問題を抱えている三重県では、プラスチックの代わりに硫黄で肥料をコーティングする研究が進み、すでに製品化されているそうです。
 一方のJAグループではプラスチックの崩壊性を高めた被覆飼料への切替を推進しているようですが、根本的な解決にはならないのでは?
 
 我々一般消費者はマイクロプラスチックによる環境問題を十分認識し、できることを実行することが重要であると思います。
 
 日本でもコロナワクチン接種が進んでいますが、世界的にコロナ禍が沈静化した地域では規制が解かれ平常の生活に戻っています。それにつれて食肉や食用油の消費が増えているそうです。
 一方供給面ではコロナを見据えての減産、また天候異変による減産で需要増加に対応できず、世界的に穀物相場が高騰しています。日本でも肉、油(マヨネーズ等も)の値上げが続いています。
 じゃあどうする?安くて美味いお米を食べましょう!健康にも良いし!
 
 またコロナ禍の中でペット、特に犬を飼う人が増えているそうです。
そこで犬のジョークを。
 
 頭の良い犬がポーカーをやっている。
「おや、この犬はポーカーができるんだ、頭いいね!」
「いや、しょせん犬なんだ。良い手が来ると尻尾を振るから勝てないんだ!」
 
 その頭の良い犬が大学に行った。
「どうだい?大学は?」
「順調ですよ、外国語の授業は特にね」
「ほう、どんな外国語を覚えた?」
「ニャーオ」

お後がよろしいようで…!

WINGArc1st, OCEANSASIA,東京農工大学の資料を引用させて頂きました。)


「シャボン玉 犬に吹きゐる 夏休み (林 周作)」

(あと一か月で夏休み、そしてオリンピック 2021年6月下旬 片山芳孝 記)

2021年5月27日木曜日

ウフフ! 日本人ジョーク 2021年5月

 出かけることが悪さをしているように報じられ、私(片山)も家飲みで、時間があれば録りためた映画を観る毎日です。

 久しぶりにトムハンクス主演1994年公開のアメリカ映画「フォレストガンプ 一期一会」を観ました。
 少~し知能指数の低い主人公のフォレストが正直に、馬鹿正直に生きていくストーリーです。
 心温まるお話で「正直の頭に神宿る」という故事を思い出しました。
 
 西日本から東海では例年より3週間前後早く梅雨入りし、なかなか清々しい青空を見ることができません。
 昨夜(5月26日)も梅雨空で、当地岡山ではスーパームーン&皆既月食を見ることができなかった、  残念!
 
 年間で最も過ごしやすい季節のはずの5月。
 あの憎き疫病のせいで外出はままならず、所によっては緊急事態宣言や蔓延防止法が発せられ、飲食店や大型商業施設が軒並みクローズしています。
 お米やお酒は売れないし、楽しみにしている東京オリンピック・パラリンピックはどうなるのだろう?

 今回は困った話はこのくらいにして「ウフフ」と笑える日本人ジョークをお届けします。

・レストランにて 
 ドイツ人と日本人とイタリア人が一緒に食事へ行った。
 食後、3人はそれぞれこう考えていた。
 ドイツ人は、割り勘にするといくらか考えていた。
 日本人は、3人分払うといくらになるか、また領収証はもらえるか考えていた。
 イタリア人は、おごってくれた人になんと礼を言うか考えていた。

・至難の業 
 国際会議において有能な議長とはどういうものか? 
 それはインド人を黙らせ、日本人を喋らせる者である。

・魚の効能 
 アメリカ人が日本人の魚屋の主人に聞いた。
 「日本人は頭が良いと言うが、いったいどうしてなのだろう?なにか秘密でもあるのかい?」
 「簡単ですよ。魚を毎日食べるんです。」
 「なるほど。では、明日から毎日買いにくるからな。」
 10日後、先日のアメリカ人が機嫌悪そうにやってきた。
 「おまえに言われて毎日魚を食べているが、一向に頭が良くなった気がしない。ひょっと して俺をだましたんじゃないのか?」
 魚屋はニッコリ笑って言った。
 「ほらみなさい。10日前よりモノがわかるようになったじゃないですか!」
 (早坂隆著 世界の日本人ジョーク集より)

 しかめっ面していないで、楽しいことを考えてウフフ、ワハハと敵を追い払いましょうよ!


「十五夜の月はシネマの上にあり 横山利一」

(倉敷の熊屋酒造「伊七 寒仕込み」がお気に入り 2021年5月下旬 片山芳孝 記)

2021年4月15日木曜日

「〽ともだちひゃくにんできるかな 2021年4月」

 ゴルフ マスターズトーナメント(最終日4月11日)で松山英樹さんが日本人としてメジャー大会初優勝! 素晴らしい! おめでとうございます!
 試合内容はもちろんキャディーさん共々のマナーの素晴らしさにも世界中から賞賛の声が寄せられています。
  その1週間前には同じゴルフ場オーガスタナショナルで開催された「オーガスタナショナル女子アマチュア選手権」で岡山県出身の女子高校生 梶谷 翼さんが優勝しました。
  日本のゴルフ界にとって記念すべき4月となりましたね。
 
 また難病を克服し東京オリンピック代表の座をつかんだ競泳の池江璃花子さんの努力には日本中が涙を流しました。
 松山さん、梶谷さん、池江さん、もちろんたくさんのアスリートの活躍に感動し、元気をもらっています。ありがとう!

 稲作が日本で最も遅くスタートする当地岡山県南の田圃ではそこかしこで田起こし*がなされ、また別の田圃では二毛作の麦がグングン成長しています。 
  (*田起こし☞土の中に空気が入ると乾きやすくなり、土が空気をたくさん含むので稲  の根の成長が促進され高収量が得られる。「耕土一寸、玄米一石」などと言われている。)
 
 南九州や四国の早場米地区では田植えも始まり、令和3年産の稲作が始まりました。
 ところが毎年の需要減に加えコロナの悪影響で、今年2021年6月の米の在庫は212~228万トンが予測されています。
 また主食米の生産量削減が進まず来年2022年6月末では220~253万トンになるとの予測もなされています。
 国とJAグループの目標が180万トンでありますので、生産者や流通業者にとって考えたくない状況(価格の暴落)におちいる可能性もあります。恐怖です!
 
 農水省のマンスリーレポート4月号によると、2021年1-2月の米、米加工品の輸出量は前年を上回っています。
 米(援助米を除く)前年同期比+15%、米菓+65%、日本酒+23% 
 各食品メーカーさんの努力の結果です。
 
 当社の取引先でも、輸出等の好影響で令和2年度の造りは前年と比べて心配していたほど落ちなかった、とおっしゃる日本酒蔵元さんがあります。
 またコロナ収束後の需要増を期待して、今から少し造りを増やすというポジティブな蔵元さんもあります。
 
 当社では各精米設備のメンテナンスを進めております。
また1月からは最新型の色彩選別機(米の異物除去装置)が稼働しており、さらに安定した品質の原料米をお届けいたします。
 また令和3年産の酒米のご注文を承っております。岡山の「雄町」兵庫の「山田錦」などお問い合わせください。

 当社近くの岡山市立操南小学校の集団登校時。
列の前後を上級生が固め、真ん中に黄色いカバーを付けたランドセルの一年生たちが手をつないでいます。
 お兄さん、お姉さんたちもいつもよりゆっくりと嬉しそうに歩いていますよ。
コロナに負けずに楽しんで、たくさん友達ができるといいね!

「入学写真 いつも誰かが よそ見して (樋笠 文)」

「一年生 かはいいという 二年生 (丸山 久)」

(タイガース絶好調! 2021年4月中旬  片山芳孝 記) 

2021年3月25日木曜日

「〽富士は日本一の山 2021年3月」


 東日本大震災から10年目の311日。

 その時 福島第一原発1号機の復旧作業に尽力された作業員さんのご苦労を映像化した映画「FUKUSHIMA 50」を観ました。
 ほとんど知らなかった(理解していなかった)事実を緊張感をもって拝見しました。
映画で吉田所長役の渡辺謙さんが、第44回日本アカデミー賞の助演男優賞を受賞されましたが、主演賞に匹敵する素晴らしい熱演でした。
 いまさらながら犠牲者の方々へお悔やみを申し上げ、被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。
 
 暑さ寒さも……。当地岡山は彼岸前から春本番の陽気です。
314日に市内の西川緑道公園の桜 第一号が開花。19日にはウグイスの初音が。
 
 コロナのワクチン接種も医療関係者から始まり、一日も早い収束を期待しています。
 およそ2か月半に及んだ首都圏13県の緊急事態宣言は21日をもって解除されました。 しかし私たちは次の感染拡大に備えた対策が必要です。
 
 私(片山)は解除前の1718日に所属団体の理事会の為に上京しました。
飛行機が減便されているので、久々に利用した新幹線の車窓からは見事な富士山を見ることができ、少し幸せな気持ちでありました。
 上京の際に利用していた居酒屋さんはランチ営業のみ。近くの「山形料理のお店」では19時にオーダーストップ。20時前には閉店というあわただしさでした。
 
 翌朝は皇居一周ウオーキング。(1年前の所要時間は60分、今回は70分もかかってしまった!情けなや(涙)…。)枝垂れ桜は見ごろでした。
 そして体調を壊している岡山の友人の回復を願い、新橋駅近くの「烏森神社」へ参拝しました。ここへは水泳の池江璃花子さんもお参りされたそうです。
 麹町の会場までは、飯田橋から市ヶ谷間の外堀沿いをブラブラ。近くの短大の卒業式らしく、はかま姿のお嬢さんたちの笑顔が素敵でした。桜もぼちぼち咲き始めていました。
 
 会議のフリートークの中での話題は2つ。
①JAグループの令和3年以降の米価政策について。
 令和3年産の政府備蓄米の入札では1月の第1回目でJAグループが前年を60キロあたり  2000円前後も安い価格で、予定数量の99%を落札した。この事で今後の米価安値の容認もありうるのか?
②国内1位と2位の大手米穀卸と北海道の大手の特定米穀業者の合弁会社の設立について。
 実に24億円を投入し、栃木県に2021年秋竣工予定で、低価格米や味噌・米菓等の原料米 専門の工場を建設している。東日本だけでなく全国の特定米穀業者が戦々恐々と迄は言わなくとも、成行きを見守っているところ。

 今や我国の農業分野の出荷額は畜産物が農産物(米や野菜)を上回っている現状での米の行末に不安いっぱいというところであります。

 日本穀物検定協会による食味ランキングで、5年連続「特A」に格付けされた「岡山県産 きぬむすめ」、当社でも扱っております。どうぞお引き合いくださいませ。

「懐は寒の中でも春が来る(ふところはかんのうちでも) 五代目 古今亭志ん生」

20213月下旬 片山芳孝 記)

2021年2月17日水曜日

「こんな酒や、あんな酒、あり〼! 2021年2月」

 

 2月13日夜半に東北から東日本一帯を襲った地震は震度6強の地区もありました。
10年前の恐怖を思い出し、さぞや驚かれたのではないでしょうか。
 前回の教訓もあってか被害が限定的であったと報道されています。福島の蔵元さんに伺っても倒伏防止策を講じてあったので破瓶はほとんどなかったとのことでした。
 被災された方々にはお見舞い申し上げます。
 
 1月26日に実施された「第1回令和3年産政府備蓄米の入札」では、買入枠207000トンのほぼ99%が落札されました。落札価格は前年より2000円/60キロも下げた11800円もあったとか。
 JAグループが落札の主体であったと推測されており、今後の余剰感がはっきりと認識された形です。

 また世界的にワクチンの開発、接種開始によるコロナ収束への期待感、および金融緩和が継続されることなどを受けてか株価は上昇。15日の日経平均株価は30年半ぶりに3万円台を回復。
 この水準が妥当なのかはたまたバブルとみるべきなのか。
 テレビ東京の番組「モーニングサテライト(モーサテ)」を驚きをもって見ている毎朝であります。
 
 酒が売れなくて本当にご苦労なさっている蔵元さんは、売れただけ造るということで1回の仕込みのロットが小さくなっており、当社への白米の注文も少量多品種となっています。   
 また「何か売れる酒」を模索されており「雑味の原因となるアミノ酸の量を減らし、端麗な酒」を造るために低グルテリン米の「春陽」を、また赤い色の酒を造るための「古代米の黒米」での仕込みを開始された蔵元があります。
 「片山さんなら何か探してくれるだろう」というお世辞に喜んでいる今日この頃であります。

 岡山県南のわが家の小さな庭でも椿が咲き、その甘いを求めて愛らしい「メジロ」がやってきます。梅の話題も聞こえ始め、モクレンの蕾も膨らんでいます。バレンタインデーの14日には18度まで気温が上がりました。

 日本海側や北日本では低温でまた雪が多く、もうしばらくは厳しい季節が続きそうではありますが、少しずつ少しずつ前進しながらいろいろな意味で春の到来を待ちましょうね。

 

「見えかくれ居て花こぼす目白かな (富安風生)」

 

(目白押しなら“密”だけど… 2021年2月中旬 片山芳孝 記)

2021年1月26日火曜日

「地元の肴には地元の酒だ! 2021年1月」


 一年前には想像もしていなかったコロナ禍の中で年が明けました。

 ワクチンの開発が進み国内でも間もなく接種が始まります。一日も早い収束を祈るばかりです。医療従事者の方々には心より御礼申し上げます。
 
 新年早々なのでちょいとノンキな話を。
 わが家の奥様の実家は兵庫県明石市。
先日お里帰りで明石の「魚の棚」で明石の魚を買ってきました。
「魚の棚(うおんたな)」はJR明石駅から海の方へすぐのところにある商店街。元々地元の方たちが利用する市場です。
 魚介、干物、明石焼き(地元では玉子焼きと言われるタコ焼き)等々約100店のお店が賑やかです。
 すぐ近くの明石港では「昼網」と言われるセリが行われ、まさにとれとれの魚介が並ぶ魚屋の店先では「タコ」が道を歩いていたりします(これホント!)。
さすがに今は人出が少ないですが平常時の休日には歩きにくいほどの人で賑わいます。
 
 「ドメーヌ」というワイン用語があります。
自社畑のブドウでワインを醸す醸造家を指す言葉です。
 このノリで「明石の魚には明石の酒だ!」ということで明石の蔵元「明石酒類醸造さん」の特別本醸造「明石鯛」を熱燗で頂きました。
おう!すっきり系の辛口。
濃い味付けの「焼き穴子」にドンピシャ!
 酒なら何でもいい、ビールなら何でもいいということでなく、この料理なら辛口をぬる燗でとか、魚料理なら一番搾りをなど、料理と酒のマリアージュを楽しみたい今日この頃であります。(ここまで「明石」という文字が11個!)
 
 米の世界では驚くべき改革がなされています。
その最大のものが「白米袋に未検査米であっても産地、品種、産年の3点セットの表示が認められる」こと。もちろん生産者、流通業者、販売事業者それぞれに責任のある計画や記録が求められます。おそらく当局のチェックは相当厳しいものになると思われます。
 さらに機械(穀粒判別機など)による農産物検査が認められようとしています。
政府備蓄米の入札にも画像での取引が導入されています。今までの目視による検査は相当に曖昧なところもありましたが、厳格な検査が行われることは良いことであると思います。
 変われば変わるものですね。
 
 感染防止の為に飲食店に規制がかけられ、企業や団体でも自主的に会食を自粛する動きが顕著になっています。
 お店も業者もそしてお客様も辛い時期を耐えることができるのでしょうか。

 これからは「WITH コロナ」の時代だと言われますが、決して「停滞」することではありません。
 
  当社も「社員全員が力を合わせ前進するのだ」という思いで
「一歩ずつでも丁寧に前進しよう」
 というスローガンでこの一年進めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

「播磨には古き漁港や穴子焼く (大堀鶴侶)」

(ドメーヌも、マリアージュもyahooで調べた! 2021年1月下旬 片山芳孝 記)

金銀の つまみで今夜の 酒が増え 2021年7月

 TOKYO 2020 東京オリンピックが開幕して4日目(7月27日)。  開催については賛否両論でしたが連日アスリートから元気をもらっています。 「やってよかった!」。  その中でも 「チーム NIPPON」 は大活躍! 柔道、水泳、卓球、体操、アーチェリーそしてスケートボード...