2019年6月15日土曜日

「クチナシの白い花 お前のような… 2019年6月」


本日(6月15日)岡山県南は朝から強い雨が降っていますが、5月中旬以降「皐月晴れ」が続いており、まだ梅雨入りの発表がありません。
中国地方の入梅が関東や東北南部より遅れるのは10年に一度あるかどうかだそうです。
こうなると水不足が心配になります。
と言って昨年のような集中豪雨は御免こうむります。
 
この時期に美しい紫陽花。今年は花の数は多く色も濃いのですが、花が小ぶりのように思います。5月からの高温の影響もあるのでしょうか?
また愛らしい白い花をつけているのがクチナシ。
岡山駅近くの西川緑道公園でも歩いていてふと振り返るような甘い香りが楽しめます。

岡山県南でもボチボチ田植えが始まりました。
 
この季節ならではの田園地帯の景色。
・刈取りを待っている麦畑
・刈取り真最中の麦畑
・その隣には水をはった田圃
・緑のじゅうたんのような苗床
・芽が出そろった直播の田圃
日に日に変化する田を見ることも楽しみです。

令和元年産の政府備蓄米の買入価格が前年より800円/俵ほど値上がりました。
それを受けて予想通りというか予定通りというか某集荷団体の加工用うるち米は500円ほど値上げの提示があったそうです。
5年連続の米価値上げに向かっていくのかなぁ…。

毎年5月から6月にかけて日本酒の鑑評会が開かれます。
・お馴染みの全国新酒鑑評会
IWCInternational Wine Challenge
Sake Competition
等々。

弊社のお客様の酒蔵さんも栄えある賞を受賞されています。
原料米の供給メーカーとしては正にご同慶の至りであります。

今夜はどの酒にしようかなと嬉しい悲鳴の今日この頃であります。
 
弊社の酒米用精米ラインもメンテナンス中。一斉に休止でなくライン毎に行っていますのでいつでも精米を承ります。どうぞ御用命下さい。
 

「今朝咲し クチナシの又 白きこと (星野立子)」

 

(そろそろ鮎のお出ましか? 2019年6月中旬 片山芳孝 記)

2019年5月24日金曜日

「つばめ、つばくろ、スワローズ 2019年5月」


新しい令和の時代にふさわしくうるわしい5月です。

我社の庭先では平成最後の4月初めに帰ってきた「つばめ」が例年より長い間卵を抱いていました。令和になって孵化し今は「つばめの子」が親鳥と一緒に飛び回っています。でもまだ自分でエサはとれないらしく親鳥にねだっています。
石川県ではつばめの確認数が約50年間でおよそ四分の一にまで減っているそうです(5月22日の山陽新聞の記事)。
毎年帰って来てくれてスーイスイと飛び回る姿を見ると嬉しい気持ちになりますね。

当地岡山、5月3日の憲法記念日は清々しい青空の一日でした。
私(片山)はその朝ふと思い立って、岡山から県北に向かうJRの各駅停車で岡山県第3の市「津山」へ出かけました。約60キロメートル、車窓に続く旭川の景色を愛でながらの1時間半の汽車の旅です。
元々の目的は車内での読書でしたが、のんびりと旭川の流れを見ていると結局一頁も読むことができませんでした。
 
津山は森氏から松平氏の城下町で市内各所に江戸時代の古い町並が残っています。
駅前で自転車を借りて町をサイクリング。
「国の重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている「城東町並保存地区」は今でも麹屋、豆腐屋などが残る1200メートルも続く町人町です。寅さんの映画のロケ地にもなりました。
そこからは相当なアップダウンを時々は自転車を押しながら、津山で有名な「北天饅頭」を求め(50個も買っちゃった!)、そして明暦年間に造られた旧津山藩別邸庭園「衆楽園」でゆったりとした時間を過ごしました。

帰りの車内では駅前の観光案内所売店で求めた地ビール「作州津山ビール」でほっこり。
やはり読書できず!

JRの車窓から見える田圃は、県南では「田起こし」が始まっており、北上するにつれて「代掻き」や「あぜの草刈り」が、そして一か所だけですが田植えの用意がされているところも見えました。

「まるでご隠居さんやねぇ」とからかわれながらものんびりとした良い休日でした、

 米の世界では政府は令和元年産備蓄米の買入価格を前年より60キロあたり800900
 
高く設定し、また生産者とのひも付きが無くても応札ができるようにルールを変更しました。
 また某集荷団体が「集荷量向上の為」1等米と2等米の格差を従来の600円から300円に縮小すると一方的に通告するなど、元年産米の値上がりにつながるような動きが続いています。
 ただし5年連続の値上がりによる需要減が起こり、今秋の作柄が平年並み以上であれば供給量が増え、米余りを予測する向きもあります。またまた気の抜けない一年となりそうです。

つばめと言えば我がタイガースは昨日までのスワローズとの3連戦で3たて勝利!今秋の美酒を楽しみにしている今日この頃であります。

ノンビリとした各駅停車の旅、おすすめですよ!

 
「つばめの子 ひるがへること 覚えけり(阿部みどり女)」

 
(5月末なのに真夏日? 2019年5月下旬 片山芳孝 記)

2019年4月19日金曜日

「琉歌 2019年4月  その2」


弊社事務所の軒先ではツバメが卵を抱いています。

岡山県南の田圃では麦の濃い緑と、レンゲの紫のコントラストが美しい。
私(片山)の毎朝のウオーキングコース、岡山駅近くの西川緑道公園では濃いピンクの八重桜、緑がかったウコン桜が満開です。
また黄色いヤマブキや、白とピンクのハナミズキ、そして岡山県で多く見られるシロヤマブキも咲き始めました。

今上天皇から新天皇へのバトンタッチが間もなくです。
天皇、皇后両陛下には、平成の31年間大変ありがとうございました。
お二人の優しい笑顔に私たちは心より感謝を申し上げます。

今上天皇はいつも沖縄に心を寄せておられます。
1975年(昭和50年)初めての沖縄ご訪問から帰京後に天皇陛下が詠まれた「琉歌」がございます。

「花よおしやげゆん 人知らぬ魂 戦ないらぬ世よ 肝に願いて」

(花を捧げます。人知れず亡くなった多くの人の魂に。戦争のない世を心から願って)

両陛下にはこれからもお健やかにお過ごしくださいますように。
 
また新しい令和の世が争いの無いうるわしく平和な時代となりますようにお祈りください。

重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。

(清々しい 2019年4月下旬 片山芳孝 記)

2019年4月10日水曜日

「シャブリに負けない日本酒! 2019年4月」


新元号は「令和」。令しく(うるわしく)平和な日本を表す素敵な元号だと思います。

キリンビール岡山工場のある岡山市瀬戸町の桜はほぼ満開(4月9日現在)。
この瀬戸町地区は岡山県内でも有数の桃の産地で、こちらも濃いピンクの花が満開です。
近くの山に目をやれば、日増しに濃くなる緑の中にポツリポツリとピンクの花が見えます。
 
「あら、こんなところにも桜があったんだぁ」と少し嬉しい気持ちになりました。
 
「あれ?似たような風景を最近目にしたぞ!」。
そうそう、4月7日に広島の取引先のご厚意で出かけた広島マツダスタジアム。
見渡す限り赤色に染まったスタンドにポツリポツリと黄色の法被が見える。
「あら、こんなところにも阪神ファンがいるんだぁ!」

「里海米(さとうみまい)」という名前をお聞きになったことがありますか?
 
当地岡山県は広島、宮城に次ぐ全国3位の牡蠣の生産地です。
そこで発生するカキ殻の有効利用はできないか?
粉砕したカキ殻を田圃にすき込めば、カキ殻に含まれるカルシウムやミネラルなどの成分により土壌が改良される。
その田圃の稲は根張りが良くなり茎が太くなり倒伏しずらくなるそうです。
全農岡山県本部が主体となって「瀬戸内カキガラアグリ推進協議会」が設立され、JAグループ岡山の実験田では17%も収量が増加したそうです。
2016年から岡山県内各地で生産され、岡山の朝日、きぬむすめ等地区によって銘柄は異なりますが「里海米」として販売されています。
 
また主食米だけでなく岡山の誇る酒造米「雄町」の田圃でもカキ殻を施用し、その「雄町」で醸した日本酒も商品化されています。(梅錦山川 純米吟醸 「里海の環」)
カキ殻を施用し牡蠣の旨味の効果なのか、牡蠣料理に合う辛口の日本酒が出来たとか。
 
牡蠣料理に合うと言えば「シャブリワイン」。そのワインの原料となる葡萄が作られる「シャブリ村」は太古は海であり、牡蠣の化石が含まれている土壌なのだそうです。

牡蠣の栄養のある土地で作られた「シャブリワイン」=牡蠣料理に合う。
それならばカキ殻を施用した「雄町」で醸された日本酒=牡蠣料理に合う。
なるほど、納得!
そろそろ牡蠣はシーズンオフ。今秋はカキ殻施用の「雄町の日本酒」で牡蠣料理をやっつけますか!
 
ついでにウンチクをもう一つ披露。カキ殻を海底に沈め「アマモ」の種を植える運動が岡山県の瀬戸内側で進んでおり、12ヘクタールまで減少していた「アマモ場」は250ヘクタールまで回復しているとか。カキ殻には水質浄化作用があり、そこで育った「アマモ」は魚介類の産卵・生育場所になります。
なんと、カキ殻ってえらい!
「里海」の米や日本酒、目にされたら是非お試しください。

 
「牡蠣殻を積みては山を高くする (山口誓子)」

 
(つばめが帰って来てくれた2019年4月上旬 片山芳孝 記)

2019年3月25日月曜日

「イチロー 一番! 2019年3月」


新元号の公表まで1週間となりました。

 各地から桜の開花の便りが聞こえてきます。皇居近くの外堀公園の桜もそろそろ咲き始めているでしょう。

岡山城入口の石山公園では昨日(3月24日)枝垂れ桜の大木がはや三分咲き。
彼岸の頃少し冷えたので当地岡山のソメイヨシノの開花は今週末3月30~31日ごろでしょうか。入園、入学式まで花が続けば嬉しいですね。

 今月中ごろ訪れた沖縄の金武地区では田植えの終わった田圃に青空が写っていました。 高知県の早場米地帯の生産者からは田植えの準備が進んでいると連絡がありました。
 
 農水省によると31年産主食米の作付動向は40道府県で前年並みとなっているものの、全体としては減少傾向の状況です。
 4年連続どころか5年連続になりそうな米価の値上がりの影響で主食米の消費は更に減少しそうですし、また暖冬の影響もあって日本酒の需要も大幅に落ち込んでいます。
 これからの花見や歓送迎会が米や酒の消費拡大につながってくれればよいのですが…。

 メジャーリーグのイチロー選手が引退を発表しました。
 
 引退会見で「妻が一番頑張ってくれた。ホームゲームの時の妻のおにぎりが力になった」との話がありましたね。
 やっぱり日本人はどこにいても米の飯が一番なのよ!(無理やり米の話にむすびつけたか!)

キリンビールの「一番搾り」が麦芽100%に生まれ変わったのがちょうど10年前の2009年3月。それ以来ラガービルの凋落が始まり、キリン社の米の使用量が激減したのです。
その時のテレビCMにイチローが出演。「よくしぼっているなあ」のセリフを覚えています。しかし私(片山)は今でも頑固にクラシックラガーを愛飲しています…!!    

イチロー選手がまだオリックスでプレイしていた時、岡山マスカットスタジアムでのオープン戦を子供たちと観に行きました。
守備練習で背面キャッチやレーザービームを披露してくれ子供達も大喜び。
永年にわたる素晴らしいプレイは心を躍らせてくれました。
これからも野球界を離れることなく活躍して頂きたいものです。

花見につきものの日本酒やビール。飲酒運転は絶対にダメ!そしてゴミは必ず持ち帰り、来た時よりも綺麗にするように心がけましょうね!

「ときをりの 風のつめたさ 桜かな (久保田万太郎)」

(新元号に「安」の字が入るのどうなのかな? 2019年3月下旬 片山芳孝 記)

2019年2月25日月曜日

「冗談じゃない、5年連続米価値上がり!2019年2月」



天皇陛下には在位30年おめでとうございます。心より御祝と御礼を申し上げます。

当地岡山では雪の少ない暖かい冬でした。平年なら今頃の海水温が一ケタになる瀬戸内海では今はほぼ二ケタだそうです。こうなると今秋の米の作柄が心配になります。

政府は2019年産の備蓄米の買入枠を209140トンとしました。
これまでに2回の入札が実施され、すでに97000トンが落札されています(2018年産は最終的に123000トン)。
買い入れ額は60キロあたり13800円前後と前年より6%も値上がり!この価格、業界にとって予想以上。この秋も業務用の安価な米はますます買いづらくなりそうです。
 
そして今、米穀業界のもう一つの心配事が、消費税増税に伴い「農家からの米の買入に民間業者が農協にくらべ価格的に不利になる制度」が閣議決定された事であります(農協特例と表現され、202310月から)。⇒詳細は電話等でお問い合わせいただければご説明します。
 
 この事も消費者米価の値上がりに直結する可能性も考えられます。
 
 備蓄米価格を高値誘導するばかりか、身内への我田引水的な集荷団体の誠に身勝手な動きに(国も関与していますが)これから反対の声が上がってくるのではないでしょうか。

話は変わりますが、昨日224日に沖縄で「米軍普天間基地の辺野古移設を巡る県民投票」が実施され反対意見が過半数、投票資格者総数の25%を超える結果となりました。    それぞれの立場で様々な考えがあるのでしょうが、政府には民意を無視することの無いように希望します。

この拙文で繰返し書かせてもらっていますが、私(片山)はほぼ毎朝未明に岡山市内の西川緑道公園をウオーキングしています。
ある人から「毎日同じ場所で飽きない?」と言われましたが、毎日毎日表情が変わっています。
花や鳥の声もそうですが、日の出の遅いこの時期の明け方の楽しみの一つは夜空にあります。
1月末頃からの南東の空。
131日は月と木星が大接近。翌21日には月と金星。22日には左から順に土星と月が接近し、少し離れて金星、木星、そしてさそり座のアンタレスまでが揃い踏み。また残念ながら20日は雨天で見る事の出来なかったかスーパームーンを21日には見ることができました。
 
高層マンションの建設が続き狭くなった岡山の空ですが毎朝楽しむことができます。“ASTROARTS”のサイトで毎夜の星空が紹介されています。www.astroarts.co.jp

その西川緑道公園では今、白梅、紅梅が真盛り。現在は「花」と言えば桜ですが、万葉集の頃の「花」とは梅の事だったそうです。
 
 沈丁花も花をつけ始めました。西川緑道公園の鶯の初音もそろそろでしょうか。
 

春はそこまでやって来ていますよ!

 
「街の雨 鶯餅が もう出たか (富安風生)」

10年前まで骨髄バンクに登録していました。20192月下旬 片山芳孝 記)

 

2019年1月22日火曜日

「ハッピーリタイアメント 2019年 1月」


天皇陛下の御退位と新天皇の御即位が間近となった2019年が明けました。

 この拙文をお読みいただきありがとうございます。奇特な皆様には健やかなお正月をお迎えの事と存じます。

私(片山)は毎年恒例の3社参りの初詣の後、3日間寝正月を過ごさせて頂きました。 

 農水省の資料によると、30年産米は作況指数98で主食米の生産数量は733万トン。需要量は735万トンとなっています。

 31年産(今後どういう呼称になるのか、2019年産?ピンと来ないな!)の生産量は718-726万トン、需要は726万トンの見込み。
 
 需要は「消費量の減少」(米価値上がりによるとはっきり書いてある)と、「人口の減少」により前年を下回ります。
 
 30年産では飼料米の生産量が前年を8万トン下回り、備蓄米の買入も8万トンの枠を残しました。
 今冬は全国的に降雪が少なく、またエルニーニョ(日本が冷夏)の発生も言われています。
 
 31年産米は5年連続の値上がりなのか、はたまた供給過剰による価格訂正の場面はあるのか。いやはやなんとも…。

 今年になって「感謝の気持ちを伝えることができて良かった」とレスリングの吉田沙保里さん。
 そして涙の記者会見で「一片の悔いもない」と言い切った横綱 稀勢の里関が相次いで引退しました。
 またいったん引退しながら昨秋復帰し、全日本選手権2位となったスケートの高橋大輔さん。その後「自分はスケートが好きなんだ」という言葉を残し後進に道を譲るということで世界選手権代表を辞退しました。
 横綱は気持ちの整理に時間がかかるのでしょうが、私は3人ともとてもさわやかな「ハッピーリタイアメント」と感じました。
 必ずや三人とも素晴らしい指導者になって戻ってくれると期待しています。

なかなかリタイアせず老害を振りまいている政治の世界の事は置いといて…。

 2019年。
 弊社はすべての事業を破壊し(見直し)、事業を再生し、生産者、お客様のお役に立ちたいという意味で「破壊と再生」をスローガンに頑張って参ります。
引続き皆様のご愛顧をお願いいたします。

2019年が素晴らしい一年となりますよう祈念申し上げます。

 

「日本がここに集まる初詣」(山口誓子)

 
(「ハッピイリタイアメント」は浅田次郎さんの小説です。
  2019年 正月 片山芳孝 記)

「クチナシの白い花 お前のような… 2019年6月」

本日(6月15日)岡山県南は朝から強い雨が降っていますが、5月中旬以降「皐月晴れ」が続いており、まだ梅雨入りの発表がありません。 中国地方の入梅が関東や東北南部より遅れるのは10年に一度あるかどうかだそうです。 こうなると水不足が心配になります。 と言って昨年...