2020年9月28日月曜日

「〽オリンピックの顔と顔 2020年9月」

  秋の彼岸が過ぎ朝晩は冷え込む日もある9月下旬です。
 わが家の小さな庭ではようやく鉢植えのハイビスカスが花をつけ始めました。また少し前から休耕田のコスモスが秋風に揺れています。
 
 ちょうど20年前のシドニーオリンピック、日本人選手が大活躍。
柔道で金メダル男子3個(野村、瀧本、井上)、女子1個(田村 敬称略)。
陸上マラソン 高橋尚子さんが優勝。
 総合で金5,銀8、銅5の成績でした。

 今でも鮮明に覚えているのは
・マラソン 高橋キュウちゃんがゴール直前でサングラスを投げ捨てたと同時にスパート。
 そのままゴールイン。
・柔道 井上選手が表彰式でお母さまの遺影を掲げて金メダル授与。
・柔道 篠原選手が誤審により残念な銀メダル(捨て身技を相手の投げ技と誤審)。
 
 私(片山)は井上選手の試合と表彰式を石垣島の民宿で見ていました。
台風で外出できず宿泊者と一緒にテレビの前で拍手したのを覚えています(「君が代」も歌ったような!)。
 
 本当なら2回目の東京オリンピックが開催された年でしたが、コロナの影響で1年延期となりました。
 選手の皆さんには輝き、モチベーション、緊張を持ち続け、10か月後に活躍されることをお願いし、楽しみにしています。
 個人的には(出場できれば)テニスの大坂なおみさん、ゴルフの渋野ひな子さんの笑顔を見たい!
 やはりスポーツは私たちに元気と勇気を与えてくれますね!

《米価大きく値下がり!》

 関東のコシヒカリは前年から1500~2000円/60キロも下落し12000円を下回り、関東の雑未検米は10500円の売り物も出ています(置場 9月25日現在)。
 人口減もそう、コロナもそう、そして最大の要因と言えるのは5年連続の強引な米価の引き上げ。
 JA全中の試算では令和3年(2021年)6月末の米の民間在庫量は229万トン。
これは米価が大幅下落した(岡山のアケボノは1万円を割れもあった)2014年の220万トンを超える水準です。
 
 また全国の米穀業者は古米の在庫をタンマリ抱えており、正に「余りものに値なし」の状況!
 米穀業者は日に日に買い指値を下げており、売り場を失った生産者からは比較的高い買入価格を提示している農協へ出荷を希望する動きが広がっているようです。
 当社へも取引実績のない県内外の生産者、集荷業者からの問合せが入っています。
 ただし全国的に高温障害による品質劣化が懸念され、西日本では米の害虫「ウンカ」の被害が深刻な地区もあることは注意が必要です。

 これに対して某集荷団体は非食用への切替を推進し、さらに出口対策として全国で令和2年産米20万トンの販売を1年間先送りすることを計画しています。
 この保管費用は国の米穀周年供給・需要拡大事業費(すなわち税金)が当てられます。
 
 米生産者の手取り向上は必ず必要ですが、値上げの方法があまりにも急激で強引であったのではないでしょうか。

 当地岡山ではコロナに気遣いながら秋祭りなどの季節の行事や、学校の運動会や発表会が行われるようになりました。私たちもゆっくりとぼちぼちと動き始めたいものですね。

「コスモスの 花揺れて来て 唇に(星野立子)」

(新総理は同窓生なんです。 2020年9月下旬 片山芳孝 記)

2020年8月26日水曜日

「お宝 発見!! 2020年8月」

 終戦から75年。犠牲者の方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

『こりゃあ 涼しい!』 「アイスノン シャツミスト」   

 写真が掲載できないのが残念ですが、ノンスメルやホッカイロで有名な白元アース社の、熱中症、暑さ対策の衣服用冷却スプレーです。  
 衣服にシュッとスプレーするだけで、体感温度が下がり冷え冷え!
 
 私(片山)はマラソンが趣味の友人に紹介され、過日ドラッグストアに出かけたところ、お店のお姉さんが「これは人気なので売り切れているかも」と探してくれ、ラスト1本をゲットしました。  
  早速 翌朝のウオーキングの前にTシャツの背中にシュッシュッ!
  「こりゃ冷たい!」  小一時間のウオーキングはすこぶる快適でした。  

まだまだ暑い日が続くのでこれはおススメです。ネットで検索すると通販がずらっと出てきます。

 
『音楽好きなら思わずニヤリ』 「バンドマン用語基礎知識」   
 
 北九州の「ニュースカイラークオーケストラ」のサイトで発見。無断転載ごめんなさい。
 遊び心満載で「よくもまあこれだけ書けたね」と感心しきり。一部を紹介します。
 
 あこーすてぃっく [ acoustic ] 電気を使わない生音。「電気でない」「電気によらない」「電気のためでない」音楽。「停電になったら音、出んやろ」と言いたがる人種をアコースティック人間という。

  ばらーど [ ballad ] スローなテンポでかつ感傷的なメロディを持つ曲。感情を込めて演奏しようとするあまり、演奏する者だけが感傷的になっている、ということが往々にして発生する曲。    
 
 気分転換にいかがですか!  http://www.ne.jp/asahi/trombone/factory/term/index.html

 ここまでは全く米と関係のない話でした。  
 全国の米屋が在庫をたんまり抱えていたことから、春先に元年産うるち米は銘柄によっては10%以上値下がりしました。  
 このことを受け、四国の新米こしひかりは700~800円下げ(60キロ当たり 前年比)でスタート。  
 その後も各地の2年産うるち米の仮渡金は前年の据置~1000円下げ。
 
これも新型コロナの影響が大きい?
   
 今年6月の米の在庫が政府や某集荷団体が目指した180万トンを上回る200万トン超となり、令和2年産の作柄によっては1年後の在庫はさらに増えるとの見方が多く「慌てて買わないよ」という意見が大半。  
 
 「米は毎年値上がりするもの」と思いこんでいる生産者がどのように理解するか。
 
 昨日(8月25日)の日経新聞に新潟コシヒカリの仮渡金が900円下がり、2年産の全国のうるち米は6年ぶりに下げに向かう、との記事がありました。  
 過去の例を見ると「下げ相場の時」には川上(生産者)の反応は鈍く、川下(消費者)からは即刻対応を求められます。  
 値下げしても売れない日本酒用の酒蔵米はもっと困ったことですが😢…。    

 今朝(8月26日)長野の蔵元さんとお話ししました。
 「長野では日照不足で桃に味が乗って無かったが、栗や林檎はその後の日照の回復でおいしくなりますよ。今、シャインマスカットが出盛りですよ!」とのこと。
マスカットは岡山が本場なんですけど…😁。  

 9月も暑い日が続くそうです。皆様ご自愛ください。

「原爆も 種無し葡萄も 人の智慧 (石塚友二)」

(今夜も日本酒の消費拡大!2020年8月下旬 片山芳孝 記)

2020年7月18日土曜日

「楽しみな取組あり〼!2020年7月」


7月初めからの豪雨により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 
「新型コロナウイルス」

 4月以降全国的な感染予防への取組で収束へ向かい始めたと思われていましたが、一転7月に入り第2波と言える動きが出てしまいました。4月初めと7月中旬の感染者数の日ごとのグラフは正にV字となっています。当地岡山でも7月14日から17日まで4日連続で感染者が出ました。経済のV字回復なら喜ばしいことなのですが…。

「米の話」

 巣ごもり需要で3-4月に一瞬、家庭用の米が売れたものの、その後外食、中食が休止状態で米が売れない。農水省のマンスリーレポートによると、主食米の出荷量は 前年比4月94%、5月86%。5月末の在庫は3年ぶりに180万トン近くになっています。東日本産米はコロナ前と比べて2000円/俵近く下がった銘柄もありました。
 令和2年産の作柄次第ですが、米余り必至の状況か?
 政府と某集荷団体は①飼料米の販売を増やす。②保管料を補填する。③備蓄米を買い増す。 などなど高値誘導政策を続けたいらしい。自然に行きましょう、自然に。

「当地岡山では」

・毎年8月に東京で開催している岡山県酒造好適米協議会主催「雄町サミット」中止。
・10月の岡山での「雄町と地酒の祭典」中止。

・再開します⇒キリンビール岡山工場の工場見学再開。7月23日(木)からコロナに充分配慮しながら約60分間の「おいしさ発見ツアー」です。
出来立て「一番搾り生」のテイスティングもありお土産も、あるとか! 
 要予約   086-953-2525

・10年ぶりに⇒キリン社はラガービールを7月中旬製造分からリニューアル。さわやかな香りと苦みが特徴のドイツ産ホップを増量するそう。
 ラガーファンの私(片山)としては今から楽しみだなー。

・日本酒も⇒取引先の蔵元さんによると、アジアからの酒の輸出の引き合いが戻ってきたとか。「山田錦や雄町以外の酒米を紹介して!」新企画に取組む蔵元さんも。
  力いっぱい応援させていただきますよ。

  高校野球やゴルフなどあらゆるスポーツイベントや、音楽や映画など文化イベントも中止。テレビも連続ドラマなどが休止され再放送ばかり。とてもとても寂しい期間でした。  プロ野球やサッカーなどが制限はあるものの観客を入れてスタートし、少しずつ日常に戻りつつあるとはいえ、やはりWITH コロナ」の意識を忘れるべきではないということですよね。
 
  7月に入っての長雨で「日照不足」が心配されだしていますが、当地岡山県南の田圃は田植えから1か月がたち、緑が美しい。 間もなく梅雨明け、やはり、豊作が嬉しい!

 気を付けながらでも海や山へ出かけたいものですね!

蛇足です。酒米を主食用に販売する動きが始まりました。当社では2年前から「岡山産 雄町 3キロ 1000円」で販売しています。雄町 甘くておいしい!お問合せ下さい!
 
「泳いでる 人まで逃げる にわか雨 (先代 六代目 柳家小さん)」

(青空でツバメも嬉しそう 2020年7月中旬 片山芳孝 記)

2020年6月16日火曜日

「青空ジョーク😁 2020年6月」


 岡山県南ではほぼ田植えが終わった6月中旬です。今日6月16日は梅雨の中休み。清々しい青空と日差しがまぶしい。なんかいい気持ち。
岡山市内の西川緑道公園では紫陽花が見ごろとなり、数日前からネムノキに花が咲き始めています。

 2か月ほど前の日経プラスにこんな特集がありました。
「読めば家でも旅気分。旅情が味わえる紀行文学」
ということで数冊の本が紹介されています。
 第1位は開高健さんの「オーパ」シリーズ4冊(1978年文庫版刊行)
大河アマゾン流域で釣りをしながら巡った60日間、16000キロの旅行記。
 私(片山)この本は手元にあり、長期間の旅行には何回も持参しています。
久々にパラパラとページをめくっていると、20年以上前の中国・上海のデパートのレシートが挟んでありました。 私は旅先の切符とか入場券とか箸袋をシオリとして使い、すっかり忘れたころに懐かしむことが良くあります。

 第2位は沢木耕太郎さんの「深夜特急」シリーズ6冊(1986年刊行)
東南アジアからインド、欧州へ各駅停車の汽車やバスで旅するバックパッカーの旅行記。     すぐに〇〇OFFで入手。2冊分足らずの費用で6冊買えました。
 入手後2か月近くがたったのにまだ3冊目。筆者は香港からマレー半島を縦断し、ようやくインドへ到着したところです。
 他にも池澤夏樹さんのハワイイ紀行」(1996年刊行)はAmazonから到着を待っているところ。

 前説が長くなりましたが、今回も困った話はなしで、ちょいと笑えるジョーク第2弾をお届けします。

 先ずは再開が待ち遠しいゴルフの話
・ゴルフ好きの山田太郎さん、熱心な信者で日曜日は必ず教会に礼拝に行く。
ある日曜日、牧師さんに尋ねた。
「牧師さん、天国にもゴルフ場はあるんでしょうか?」
「どうかな、聖書にも書いていないしな。」
そこで牧師は天国に電話をかけて広報担当の天使に聞いてみた。
「天国にゴルフ場があるかどうか、熱心な信者の山田太郎が尋ねているのですが。」
天使が答えた。
「もちろんあるとも! パラダイスカントリーというチャンピオンコースがあるぞ!。ちょっと待て、山田太郎といったな…」電話の向こうでパソコンのキーをたたく音がして「その男なら明日のアウト8時18分スタートにちゃんと予約が入っているぞ!!」

続いて開高健さんにちなんで旅と魚の話
・モンゴルのことわざ。「愚かなものは食い物について語り、賢いものは旅について語る」
 開高健さん曰く「であるならば、俺は愚かな旅人だな」
・魚の定義 「死んでから身長が伸び、体重が増える唯一の生き物なのさ」

もう一つ、これも私の鉄板ネタ
・わが家では柴犬を飼っています。そのしつけ、トレーニングに英語の本を参考にし、英語で指示します。 お手=HAND、おすわり=SIT、待て=WAIT…。
 ある日散歩のときに横断歩道で信号待ち。 赤信号でSTOP、青に変わってGO!
隣のご婦人が「おや、このワンちゃん英語がわかるんですねぇ。」
するとわが家の犬が「ワン!」 「あら、英語も話せるのね!」 チャンチャン!

 日本ではコロナもようやくピークを過ぎたかな。でももう少し笑顔で我慢して明るい日々を待ちましょう!

「初夏の 山立ちめぐり 四方に風 (水原秋櫻子)」

(野球もサッカーも開幕!ビールだ、ビール! 2020年 6月中旬 片山芳孝 記)

2020年5月19日火曜日

「酒場でジョーク 2020年5月」


 山々の緑が美しく、巣立ったばかりのツバメが飛行訓練中です。清々しい青空の岡山です。
 
 無人島へ行くなら何の本を持っていくか。という話がありますね。
私(片山)は迷わず「水の上を歩く?酒場でジョーク十番勝負」(開高 健、島地勝彦)を選びます。  両氏が3年半にわたり美味いウイスキーをやりながらのジョークのやり取りが上梓されたものです。1993年の第1刷を買ってから何回も繰り返し読んでいます。
 
 今こんな時なので、困った話は無しで、ちょいと笑えるジョークをお届します。

先ずは無人島の話

・無人島へ流れ着いた三人の男に神様が一つずつ願いをかなえてやろうと言う。
英国人は「妻と子供のいる家に帰りたい。」神様が手を振るとあっという間に家に帰ることができた。
フランス人は「家族のところじゃなく彼女のマンションへ行きたい。」神様が手を振るとあっという間に愛人のマンションへ行った。
最後のオランダ人。「俺は家族も愛人もいないから、仲良くなったイギリス人とフランス人と、三人で釣りでもしながら無人島で楽しく暮らしたい」。
神様が手を振るとあっという間に二人の男が戻ってきた。

次はちょいと危険なこんな話 
・とある独裁政権の国の委員長が夫人に「もし今、我が国の国民の出国を全面的に許可したら我々二人しか残らないかもしれないな」というと、夫人が答えた。
「我々二人って、あなたとだれなの?」

お次は深刻な食糧問題の話
・アフリカの飢餓問題の調査のためアメリカ、日本、ドイツなどの学者が派遣された。
すると地図にも載っていないジャングルの奥地の村で人食い人種に捕まってしまった。
村中お祭り騒ぎで大きな窯に湯を沸かし、最初のご馳走に短足でやせっぽちの日本人を引っ張り出した。
日本人の先生は「なんで、俺のようなやせっぽちで小さいのから食うんだ?あっちのドイツ人なんて太ってて柔らかそうで、うまそうなのに!」
すると酋長が「日本人よ落ち着けよ、ここのところこのあたりでも、和食ブームでな!」

もう一つ、これは私の鉄板ネタ
・ある有名なバンドマン。楽器演奏も歌も超一流だが、三拍子の曲になるとなぜか歌詞や、曲の進行を忘れてしまう。ワルツになるといろいろ忘れてしまう。
これをバンド用語で「ワルツハイマー」  チャンチャン!
 
 作り笑いでも長生きだ!
 
「とぶ鳥に 遅速ありけり 夏はじめ (飯田龍太)」

 
(街の居酒屋にようやく灯が入り始めた 2020年 5月中旬 片山芳孝 記)

2020年4月13日月曜日

「作り笑いも芸のうち!2020年4月」



 
 当地 岡山は春の雨です。

 市内中心部の西川緑道公園のソメイヨシノが葉桜となり、緑色のウコン桜に続いて、ピンク色の濃い八重桜が咲き始めました。
 3月末には高知で田植えが始まり、岡山県南でも先週末ごろ(1112日)から一部で田圃の準備(おそらく直播用)が進んでいます。
11日の土曜日には当社の庭で草引き中に雨蛙を見つけました。数年前までは蛇もいたんだけどなぁ。

 今のコロナパニック。
 医療関係者の方たちのご努力、ご尽力に心より感謝いたします。ありがとうございます。
 拍手、拍手!
 
 当社の取引先でもテレワークを実施しているところが増えてきました。
 そして残念ながら、休業、閉店の知らせが来る飲食店が出始めました。
早く早く終息してほしいものです。

 嬉しい話もあります。
 大手の企業、工場から医療用のマスクの提供が報告がされています。
また当地のある量販店では、地元の飲食店が調理済み弁当を販売できるスペースを無料で提供したり、さらにそれらの店が作った総菜を店内の総菜コーナーで取扱いをしてくださっています。
 
 こんな話も聞きました。
アメリカ大リーグの選手名鑑の写真の表情を「笑顔なし」「部分的なほほ笑み」「満面の笑顔」に分けて2009年までに亡くなった選手の平均寿命を調べた研究。
 その結果、「笑顔なし」の選手の平均寿命が72.9歳に対して「満面の笑顔」の選手の平均寿命は79.9歳で7年も長生きしたことが分かったそうです。
 さらに「部分的なほほ笑み」の選手も「笑顔なし」と比べて長生きしていました。
「作り笑い」でも長寿になれる!
 
 今私たちができる事。自分を感染者だと思って、人にうつさぬように。人ごみに出かけない、マスクの着用、手洗い、うがい。
 軽い運動を続けることも抵抗力の維持に役立つそうです。
 
 無理をしないで、体力をつけて!時には笑顔で、負けないで!

 
「烏賊の足 噛みしめて呑む 春の雨 (寺田眉天)」

 
(吟醸酒のぬる燗も結構! 2020年4月中旬 片山芳孝 記)

 

 

2020年3月11日水曜日

「〽ここらでやめてもいいコロナ 2020年 3月」


 3月11日 9年前の正にその時、私(片山)は羽田空港におりました。
岡山行きのJAL機の搭乗が始まったところで、横揺れに続いて下から突き上げるような縦揺れ。
 天井のパネルが剥がれ落ちそうになり、窓からは係員が柱にしがみついているのが見えました。
 あの悲惨な映像をTVで見て羽田空港泊りを覚悟しましたが、その日のうちに岡山へ飛べたことと、その前に都内で帰宅難民にならなかったことが奇跡に思えました。
 15000人を超える亡くなった方たちのご冥福をお祈りし、2000人を超える行方不明の方たち、そして今なお仮設住宅住まいを余儀なくされている方々にお見舞いを申し上げます。


 3月上旬の岡山県南は水温む季節というには少し早いですが、梅が満開となり木蓮もようやく咲き始め、雨上がりには沈丁花がここちよく香ってきます。田んぼでは麦が元気よく伸び始めています。
 
 そんな陽気とは裏腹に、子供たちは学校が休みとなり外出もままならず、街中でも姿が見えません。ゲームばかりしているのかしら?せめてペットでもいれば癒されるのでしょうがね。

 スーパーの棚からは米が消えそうになっているとか。量販店主体の米穀業者はミニパニック状態に。
 SNSというかネットというか、根拠のない噂が流布されるのは怖いことです。
 冷静に対応しましょう、というのはたやすいことでしょうが…。

 そんな時ですが、先日岡山県北 新見市(にいみ)の酒蔵、「三光正宗」さんの蔵開きへお邪魔しました。社長のお母さまがしっとりとした和服と見事な生け花でお迎えしてくださいました。
 マイブームの「無濾過原酒」と「にごり酒」をゲット。贅沢にも「剣先イカのするめ」で頂いています。
 どちらもアルコール度数が高く、ほろ酔いで春の宵を楽しんでいます。
 
 小林旭さんが歌っています。
〽あの子をペットにしたくって…ジャガジャガ飲むのもフォドフォドに、ここらでやめてもいいコロナ(自動車唱歌)。
 
 なんにしても手洗い、うがいでご安全に!

「春雨や 猫に踊りを 教える子 (小林一茶)」
 
(こんな時こそ パーッとやりましょ、パーッと! 2020年3月中旬 片山芳孝 記)

 
 

「〽オリンピックの顔と顔 2020年9月」

  秋の彼岸が過ぎ朝晩は冷え込む日もある9月下旬です。  わが家の小さな庭ではようやく鉢植えのハイビスカスが花をつけ始めました。また少し前から休耕田のコスモスが秋風に揺れています。    ちょうど20年前のシドニーオリンピック、日本人選手が大活躍。 柔道で金メダル男子3個(野...