2014年4月22日火曜日

「春爛漫」(2014年4月)

韓国珍島での貨客船の大参事。一人でも多くの尊い人命が救われますように…!
 明日(4月23日)アメリカのオバマ大統領が国賓として来日されます。宮中晩餐会や諸行事が目白押しの事でしょう。残念なのは、広島・長崎そして沖縄を訪問されないこと。銀座で寿司をつまむ時間があれば対応してくれればいいのにな…。
 先ほど日本とオーストラリアとのEPA(経済連携協定)が合意したとのこと。米の関税撤廃は求めず、15~18年後迄に牛肉の関税を50~60%引き下げる。日本車への関税は速やかに撤廃する、という内容だそうです。
 この事はアメリカとのTPP交渉にどういう影響があるのでしょうか?一部報道ではアメリカ産の米に特別輸入枠を設けることでお互いが譲歩する案もあるのだとか。そのアメリカのカリフォルニアは500年に一度の大干ばつに見舞われているそうで、今年の米の作付が危ういとのこと。カリフォルニアの友人にお見舞いの手紙でも書こうか。
 日曜日(20日)の岡山ローカルラジオ番組に、弊社の酒米の契約栽培農家である国定さんが出演。国定農園は今年100町作付。TPP対策として、行方のはっきりしない主食米でなく、確実に売れるもの=「酒造好適米」(雄町、山田錦)の作付を80%にするそうです。その他にも黒豆コーヒーやハト麦茶などの最終商品を生産しており、正に6次産業化を実践しています。私(片山)より3‐4歳年下ですが、盃を交わしながらいろいろな話を聞かせてもらうのが楽しみな友人の一人です。

   国産米の世界はエライことになっています。25年産主食米(未検査)はついに一万円を割り込み、ふるい下米は出来秋の半値!さらに24年産と比べると「半値、八掛け、二割引き」の惨憺たる状況です。数か月前に24年産・25年産の主食米の値下がりで米卸に怪我がなければ良いのにと書きましたが、それが他人事では無くなってしまいました!
 こんな時だからこそ、お客様の求める、場合によってはそれ以上の品質の原料米をお届けしようと現場は良く頑張ってくれました。「25年産の片山さんの雄町、山田錦などの酒米は最高だったよ!」と数軒の蔵元さんが声をかけて下さいました。有難い事です。

 今週末は2年ぶりに県北蒜山の合鴨米の契約農家、三船農園を訪ねる予定。弊社でも本気で取組もうとしている6次産業化の先駆けのような人です。車ですので一杯やりながらと言うわけにはいきませんが、いろいろヒントをもらう事が出来ればいいな!
 岡山県南ではつつじや山吹やハナミズキの美しい季節。我社の軒先には3年連続で燕が帰ってきてくれました。県北ではまだ桜が楽しめるそう。我家のカミさんは今から山菜摘みに張り切っています。でも三船のおばあちゃん、きっと私の顔を忘れとるだろうなぁ…。
 (吟醸酒のひと肌燗もいけますよ! 2014年4月下旬 片山芳孝 記)

「風流だなぁ~ 2018年11月」

 当地岡山県南は古くは二毛作地帯で、麦あとの田圃が沢山ありました、今でも一部で ビール麦(A社向け)が耕作されています。  その麦作と温暖な気候の関係で全体的に稲作作業が遅く、晩生種の稲刈りは10年ほど前までは「文化の日」がピークでした。      しかし昨今では晩生種の...