2014年2月15日土曜日

「パーっとやりましょ、パーっと!」(2014年2月)

昨日2月14日当地岡山県南は、2月8日(20年振りに10センチ)に続き着雪。バレンタイデ―なのに一足早いホワイトデーとなりました。

 世界的な気象異変で農業生産や物流に影響が出ています。同じ場所に居座る「ブロッキング高気圧」が偏西風の蛇行を大きくしているから(2月15日付日経の記事より)だそうです。日本でも相次いで大雪に見舞われています。日本の秋はどうなるの?

   米業界は大雪警報発令中!寄ると触ると「米が売れない、在庫が減らない、価格が下がった」等々寒い話ばかり。業界紙やらブローカーのFAXコメントも貧相で、暗い暗い!

   でも世の中そんなものじゃない、明るい話がいっぱいですぞ!
 (良く意味がわからんが)新型万能細胞であるSTAP細胞の発見?発明? このところ調整場面にあるものの日本の株価は一時16000円越え。日本を代表する優良企業の業績も好調。トヨタに至っては4~12月の利益がなんと1兆3千億円…素晴らしい!

   そしてなんと言っても明るい話題は開催中のソチオリンピック。日本人大活躍だぁ! 男子スノーボードハーフパイプで、15歳の平野選手と18歳の平岡選手で日の丸2本!
ノルディック複合ノーマルヒルで渡部選手が銀メダル。そして男子フィギュアでは19歳の羽生選手が堂々の金メダル!その他女子モーグル、女子ジャンプ(笑って、沙羅ちゃん!)、女子スピードスケートなどでも入賞者が続出。頑張れNIPPON!俺がついてるぞ(なんのこっちゃ?)。
 だけどその爽やかな祭典に水を差しているのが不可思議な判定。モーグルの上村愛子さん。タイムはダントツ、エアーもターンもメダリストと遜色ない。なのに4位。おっかしいな~。試合後の愛子さんの清々しさがいかえってじらしい。
 女子アイスホッケーの対ロシア戦。ビデオで見れば日本のシュートは完全にゴールしている。なのにノーゴール!
 開催地が「ソチ」だけに、「疑惑の審判たちよ、ソチも悪よのォ」。

   米業界の皆さん、暗い顔をせず、頭を切り替えて「パーっとやりましょ、パーっと!」
(東宝映画社長シリーズの三木のり平課長を思い出すなぁ。)

『一気にはやって来ない春を表現する四字熟語がある。「春風踏脚(しゅんぷうとうきゃく)」。「晴れたかと思えば雨になるといった日々を繰り返し、まことに春風は足踏みしながらやってくる」(興膳宏著「漢語日暦」)。待ちわびる春まで。もう一息か。』(2月15日付山陽新聞コラムを無断転載)。

   そういえば今夜(2月15日)は、備前平野に春を告げる「西大寺観音院の会陽(えよう)」が開催されます。春の来ない冬はない。もうちょっとですよ!

(雪国の皆さん、たった10センチで大騒ぎしてごめんなさい。                        2014年2月中旬 片山芳孝 記)

「頑張ろう NIPPON! 2018年9月」

 9月上旬 関西を襲った台風21号、そして北海道の大地震。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。  今は9月最終日の午前9時。あと3時間ほどで台風24号が最接近。 嵐の前の静けさで、風もなく小雨程度の岡山市内です。  我社のまわりのようやく頭を垂れはじめた稲がなすす...