2006年7月21日金曜日

「新米が待ち遠しい!」

弊社では、毎年高知県の早期「コシヒカリ」を扱います。今年の様子を現地のJAに尋ねたところ、5月の低温と梅雨後半の長雨で。早期米(とさぴか、ナツヒカリ、コシヒカリ)の収穫は約1週間遅れそうです。また、収量も平年をやや下回る可能性があるとのことでした。平成18年高知県産「新米コシヒカリ」がお店に並ぶのは、お盆前になりそうです。

また、おなじみの岡山県真庭市 旧中和村の三船農場でも、やはり5月の低温の影響で、生育は5-6日遅れているとのこと。「あきたこまち」の出穂は7月末頃だそうです。
 合鴨たちは元気に大きく育って、しっかり害虫退治に励んでいます。三船農場の有機農法の新米出荷は「あきたこまち」が9月10日頃、「コシヒカリ」は9月下旬の見込みです。

 最後に久々に映画の話題を
 もう封切館では上演終了しているかもしれませんが、観た後にとても気持ちが暖かくなったのが「バルトの楽園(がくえん)」。
 第1次大戦のとき、中国で捕虜となり日本に送られたドイツ兵約4700人の一部が収容されたのが、徳島県坂東の収容所。そこでは地域住民との交流を許可するなど、捕虜の人格を尊重した寛容な待遇がとられていた。休戦後、自由となった捕虜達が、所員や地域住民に感謝をこめて、ベートーベンの第9交響曲「歓喜の歌」を演奏した・・・・・・・。こんな内容です。
ある意味、戦争映画ですが、悪人がほとんど出てこない。落語でいえば人情噺ですかな。機会があれば是非!

(夏でもぬる燗が一番  7月後半 梅雨あけの頃 片山芳孝 記)

「岡山 頑張っとるよ! 2018年7月」

甚大な被害の出た西日本豪雨から3週間が経ちました。被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。  東日本から西日本にかけて連日35℃前後の酷暑が続いております。特に西日本豪雨の被災地はこの暑さで厳しい環境となっております。  弊社のグループ会社の社員...