2013年9月27日金曜日

「米離れ!」(2013年9月)

 当然でしょ! 米離れ!
 震災後は東日本産米の放射能汚染に対する懸念から、それまで在庫過多状態であった22年産米は値上がりを始め、23年産では九州の新米は一時1俵20000円の値がつき、その後も22年産を上回る相場で推移しました。
 24年産に至っては豊作で米余りの状態であったにもかかわらず、某集荷団体が(常識はずれの)高値で集荷し、本年3月ごろまで高騰を続けました。これに対応し、量販店での米の売り上げは前年を1~2割も下回り、また外食産業でも回転寿司のシャリを1-2グラム小さくしたり、牛丼のご飯を10グラム減らしたりしました。更にアメリカ、中国等の外国産米も高値で推移しました。主食米の世界で数十万トンの需要減退が現実に…。
 食品メーカーへの原材料米も加工用米の供給不安また特定米穀(ふるい下米)が主食米へ流れたことにより、信じられないようなバカ高値となってしまいました。味噌、米菓等の食品メーカーは輸入米の使用割合を急増させ、日本酒の蔵元さんでは仕込み量を減産し、また秋からは久々に酒の価格を値上げしました。
 しかし米余りの主食米は4月から値下がりに転じ、原材料米の世界には昨秋39000トン、本年4月に27000トンもの18年産政府備蓄米が売却され、山田錦等の酒造米以外、米と名のつくもの全て大暴落!業界は消費者から「倍返し」されてしまいました。
数億円のキャンセル料を支った商社があるとか、数か月分の在庫を抱えた米卸があるとか、業界に怪我人がでなければいいが…と心配しています(自業自得と言われれば…)。

 25年産米の収穫が進んでいます。今のところ高温障害・長雨による品質劣化が多数見受けられます。生産者もまた「倍返し」されてしまうのでしょうか?

   9月に相次いで上陸もしくは接近した台風の影響で、彼岸が過ぎてようやく気温が下がりはじめました。今朝(9月27日)は久々に「放射冷却現象」という言葉を聞きました。
 秋空は青く高く、食欲も飲酒欲も増す季節です。

 いったん減った消費はなかなか元に戻りませんが、手に取っていただきやすい価格になった米を、消費者の皆さん、食品メーカーさん、どうかお米を買ってください!!
 そんな状況下、豊作基調で発生が少ないかもしれない特定米穀(ふるい下米)の価格がジリ高になっています。使ってもらって初めて商品です。見向きもされなくなったら「ふるい下米」は只の産業廃棄物になってしまいます。同業者の皆さん「愛される特定米穀」という言葉を思い出しましょう。

   明日3年ぶりにカリフォルニアから古い友人が訪ねてくれます。稲の作柄視察を兼ねて、吉備路を散策し、夜は地酒と行きますか!

《お知らせ》
10月1日(火曜日)10:00~ 岡山コンベンションセンター(岡山駅西口前)にて 岡山の酒造米「雄町(おまち)」を紹介するイベント「雄町サミットinおかやま2013」 が開催されます。全国の雄町米で醸された日本酒が一堂に会し、もちろん利き酒も出来ますし、岡山の郷土料理のブースも多数出店されます。弊社からもお手伝いに出かけます。 お誘いあわせの上、ぜひご来場のほど!
 問合せ;岡山コンベンションセンター 電話:086-214-1000

(「あまちゃん」が終わっちゃう!じぇじぇじぇ! 2013年9月下旬 片山芳孝 記)

「岡山 頑張っとるよ! 2018年7月」

甚大な被害の出た西日本豪雨から3週間が経ちました。被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。  東日本から西日本にかけて連日35℃前後の酷暑が続いております。特に西日本豪雨の被災地はこの暑さで厳しい環境となっております。  弊社のグループ会社の社員...