2018年6月23日土曜日

「ちょっとお待ちよ 雄町の話。 2018年6月 その2」


 6月18日 7時58分ごろ 大阪北部を震源とする大地震が発生し、府内では震度6弱が観測されました。被災者の方に心よりお見舞い申し上げます。

 
 私(片山)の早朝ウオーキングでは色とりどりの紫陽花の輝きを楽しんでいます。

岡山県南では田植えが最終盤。梅雨空の下、酒米「雄町」の田植えが進んでいます。
 
という事で、今回は岡山県を代表する酒造好適米「雄町」の話にお付き合いください。

・「雄町」とは
 1859年(安政6年)に生まれた日本最古の酒米と言われています。平成29年産では全国で約3000トンが収穫され、その内の2800トンが岡山県産です。 酒米の「山田錦」や「五百万石」も「雄町」から生まれました。
一説ではカリフォルニア米の「カルローズ」も「雄町」の子孫だとか。
 また蛇足ながら酒米「美山錦」は岡山の朝日米(旭)がルーツとされています(プチ自慢)。

・「雄町のビール」
 もちろんビールは麦の酒ですが、岡山には「雄町」を副原料に使ったビールがあります。しっかりとコクがある美味し酒です。
 岡山の宮下酒造さんではクラフトビールのはしり「独歩(どっぽ)」に「雄町米ラガービール」があり人気商品となっています。
 またキリンビール岡山工場では2015年から「雄町」を使用した「一番搾り 岡山づくり」を醸しており「コクとキレが味わえる」と特に料飲店で大評判だそうです。

・「第10回 雄町サミットが開催されます。」
 全国から200銘柄もの「雄町100%」で醸された日本酒と、600人もの「オマチスト」が一堂に会する「雄町サミット」は今回で記念すべき10回目。
 岡山の「バラ寿司」や「サワラ料理」も提供され、全国の蔵元さん自慢の「雄町の銘酒」とともに楽しめます。「雄町」の生産者や酒蔵の杜氏さん達も出席され、今日ばかりは 「雄町」 一色! 日本酒ファンならお見逃しなく!
 
 ⇒7月24日(火)15:00~
  ホテルグランドパレス(千代田区飯田橋)
  チケットは前売り5400円 「チケットぴあ」で。

・ここからは弊社のコマーシャル!
 このホームページで米の通信販売をスタートしました。
 食味ランク特Aの「きぬむすめ」、岡山の代表銘柄「朝日」、合鴨農法の有機米こしひかり(数量限定)などを紹介しています。
 そして今回の目玉は「雄町の白米!!」3キロ1000円でご提供しています。私も試食しましたが甘味があって美味い、美味い!是非お試しください。

・「雄町」については、このホームページの「酒米」から「岡山県産 雄町」で検索して頂ければより詳しい情報をご覧いただけます。とってもためになる(ウソ!)私の「日本酒ウンチク」も掲載しているのだ。

 そうそう、我社のツバメに待望のヒナが誕生しました。黄色い口を目いっぱい開いてエサをねだっています。心和む平和な瞬間(とき)です!社員一同「おまち」かねでした。

「紫陽花に 雫あつめて 朝日かな (加賀千代女)」

(燕子花と書いて「かきつばた」だって!2018年6月下旬 片山芳孝 記)

「頑張ろう NIPPON! 2018年9月」

 9月上旬 関西を襲った台風21号、そして北海道の大地震。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。  今は9月最終日の午前9時。あと3時間ほどで台風24号が最接近。 嵐の前の静けさで、風もなく小雨程度の岡山市内です。  我社のまわりのようやく頭を垂れはじめた稲がなすす...