2004年11月16日火曜日

「地球が怒っている」

 この度の台風23号、また新潟中越地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、1日も早い復興をお祈りいたします。
 8日以降西日本に強い影響があった台風は、この23号で4個目です。岡山でも農産物や建築物に大きな被害があり、県南では犠牲者が出てしまいました。
 弊社でも9月の18号での修理が終わらないうちにやってきた23号で、倉庫の屋根に穴が開いたり、スレートが吹き飛んだりとそれなりの被害はありましたが、ごく軽傷でした。
 早々にお見舞いの電話等いただきありがとうございました。
 本格的な米の入出荷時期の直前でしたが、毎日大工さんが修理をしてくれ、その後の晴天にも恵まれ、何とかシーズンに間に合いました。

 我々のメシの種であるお米も、西日本では豊作ムードから一転、「あれがない、これが欲しい」というプチパニックの状況になっています。西日本の米屋さん、「あわてる何とかはもらいが少ない」ですよ!!
 そんな中で「食味の良いもの」「加工適正の高いもの」を提供させて頂きますので、ご用命をお待ちしております。

 ところで。1ヶ月くらい前に「熊」が「人里」に頻繁に現れたというニュースが全国で聞かれていました。「それはクマったことだ」とのんきなことを言っている人もいましたが、昔々、文字通り「人里離れた奥山」に動物たちは住んでいました。「人里」と「奥山」の間に、「里山」があり、そこには動物達のエサがあり、人間もキノコを採ったり、両者が共存していました。
 その「里山」に我々人間が植林をしたり、開発をしたりと動物達からエサ場を奪ってしまいました。その結果動物達は仕方なく「里山」へ食べ物を求めて下りてきている、そんな話を聞きました。
 「地震」も「台風」も動物達の「攻撃?」も人間のエゴに「地球が怒っている」(朝日新聞社説)結果ではないでしょうか。
「地球が怒っている」
 「熊」の話を聞きながら一句できました。
 「秋深し 隣のクマはよく柿食うクマだ」

「そんなとぼけた事を言っている時じゃない11月中旬  片山芳孝 記」

「岡山 頑張っとるよ! 2018年7月」

甚大な被害の出た西日本豪雨から3週間が経ちました。被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。  東日本から西日本にかけて連日35℃前後の酷暑が続いております。特に西日本豪雨の被災地はこの暑さで厳しい環境となっております。  弊社のグループ会社の社員...