2005年5月31日火曜日

~東京大学の山形敏男教授の研究グループの予測~

1月中旬以降、北極上空の冷たい空気が中緯度地方に流れ込む勢いが増している。
この結果、オホーツク海や日本海の海水温が低下し、冷夏の原因になるオホーツク高気圧が発達、東北以北に冷夏を及ぼす可能性がある。

 一方太平洋中央部の海水温が低い「類似エルニーニョ現象」の影響で、フィリピン東沖の海水温が平年より0.5度高い状態が続いている。空気が暖まり上昇気流が強まる可能性が高く(中略)その場合西日本に晴天と高温をもたらす可能性がある。

そう言えば・・・・・・(片山の記憶・・・・・・ただしあやふや)
① 平成5年の大不作(作況指数74)の時。
 シベリアが平成4-5年の冬に大寒波に襲われ、川が凍りついた。その氷が春から初夏にオホーツク海に流れ出し、東北周辺の海水温が下がりヤマセが吹き冷夏になった。
 ⇒今年も樺太のあたりで流氷が溶けずに、居残っていると天気予報で言ってたぞ!

② 平成15年の不作(東北80、全国90)の時。
 岡山県南で普段実をつけないヤマモモに大量に実がつき、また長い間咲いたことのなかったハナミズキに花が咲いた。
 ⇒今年は 県南のサツキ、ツツジの花つきが半端じゃないくらい多く、県北では山全体が白く見えるほど、コブシの花が咲いたとか。生き物の「種の保存」の本能か?

ここ数年「異常」が「普通」の気象になっているとはいえ、自然相手の商売をしているものにとっては、毎日の天気予報が気になるところです。

ところで、新しい生活環境になじめない新入生の「5月病」もそろそろ癒えたころでしょうか。
新入生と言えば、こんな話を聞きましたよ。

 子犬のジョン君は 今年小学校に入学しました。
 ママ犬が ジョン君に尋ねました。
 マ マ「ジョン、学校で何を教わってるの?」
 ジョン「うん、今日は外国語だったよ!」
 マ マ「へー すごいね、どんな事?」
 ジョン「だから ニャオン とかさ!」

(こんな話 結構 好きです。5月末 片山 芳孝 記)
(5月23日付け日経新聞より無断転載)

「岡山 頑張っとるよ! 2018年7月」

甚大な被害の出た西日本豪雨から3週間が経ちました。被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。  東日本から西日本にかけて連日35℃前後の酷暑が続いております。特に西日本豪雨の被災地はこの暑さで厳しい環境となっております。  弊社のグループ会社の社員...