2006年8月2日水曜日

「高校野球とお米」

夏の甲子園の熱い闘いが繰り広げられています。こんな記事を見つけました。(7月18日 朝日新聞岡山版より)

①「校内産の米で満腹」
興陽高校(岡山市藤田)では、練習後コンビニでお菓子や清涼飲料を購入する選手が多かったが、今年は同校農業科の水田で収穫されたお米を使い、3人のマネージャーが毎日おにぎりを50個(お米2升分)作って、部員たちに振舞っている。「仲間が作ったお米と、マネージャーの心のこもったおにぎりから力をもらっています。」と大好評だそうです。
②「10升ペロリ!」
新田高校(松山市西町)では、毎日2つの大釜で一斗(10升)のご飯を炊き、選手たちは練習前に腹ごしらえし、午後8時までの猛練習にのぞんでいる。部員の体への負担が軽くなっているそうです。

 やっぱり、お米だねぇ~。
 マラソン選手でもレース前にお餅とかおにぎりを食べるっていうことは耳にしますが、「アンパン3個食べて走ります」という話は聞いたこと無いね~。

(しっかり汗かいて、美味しいラガーを飲みましょう!猛暑の8月上旬 片山義孝 記)

「平成30年7月西日本豪雨について 2018年 7月」

 このたび7月5日から7日にかけての西日本豪雨でお亡くなりになった方々に謹んでお悔やみ申し上げます。 また被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。    弊社は駐車場等に僅かに浸水がありましたがおかげさまで大きな被害はなく、また幸い従業員も全員無事でございま...