2009年3月3日火曜日

「今年は桜が早いそうな(2009年3月)」

3月3日(火)。岡山は「ホワイトひな祭り」でした。岡山で3月の雪はとても珍しい。私は、倉敷にいました。倉敷駅南口の12階からは、駅北側に昨年12月末にクローズした「倉敷チボリ公園」が見えます。大観覧車のゴンドラが取り外され、遊具や施設の撤去が進んでいます。小規模だけど花に囲まれて落ち着きがあり、何度も訪れたことのある公園なので寂しい思いです。

 チボリ公園には、閉鎖間際の1年間でも70万人の入園者があったそうです。70万人ものお客様があれば、何とかなるんじゃないの?と素人は思います。お馴染みの倉敷美観地区(大原美術館がある)との相乗効果があっただけに今後の倉敷観光への影響はどうなんでしょう?

 今冬は、北海道も含めて暖冬気味。我が家の近くの西川緑道公園ではモクレンのつぼみが大きくなっていますが、今年は「椿の花の数が少なかった」「梅の開花が遅れてる」ような気がします。雪の多かった昨冬、岡山県南でも2月までに4回積雪がありました。そして20年産のお米は豊作でした。十数年前の北海道は今年同様暖冬だったが、米は平年作であったそうです。
 減反の見直しが話題になり、昨年の事故米をきっかけとした「米のトレサビリティー法案」をはじめ米に関する規制が厳しくなろうとしており、ますます見通しが悪くなっているこの業界。どんな秋になるのかな~。

 先日ある政府系金融機関の支店長との話。「昨今の経済状況で1年先、2年先のことを考える時ではない。今ここにある危機をどうやって乗り切るかが重要。先の話は世間が落ち着いてからです。しっかり応援しますよ。」
 いつの間にか金融機関の支店長や大手企業の部課長が自分より年下になってしまっています。年下の支店長から嬉しい励ましの言葉をいただきました。頑張るしかないね。

 さてさて、次回に引き続き「岡山の飲み処、喰い処」の紹介をします。

「讃岐うどん 潮来」

 私(片山)はうどん大好きで、香川へ出張がある時はガイドブック片手に、数件のうどん屋を回ります。岡山も昔から小麦の生産地であり、また近隣産地の流通拠点であった関係か、うどんの美味いお店がたくさんあります。
 その中のお気に入りが今回紹介する「潮来(いたこ)」です。ちょっと太目でコシのある麺と、出汁の丁度良い加減。様々なトッピングが嬉しいお店。カウンターと椅子席で14-5席。とうちゃん、かあちゃん二人で切り盛りしています。お昼時は行列が出来ることもあります。でもそういう繁盛店に有りがちな「不遜な態度」のお店ではありません。
 お奨めは「サービス定食」650円也。
 他店よりは多めのうどんに、野菜天ぷらと甘辛お揚げ。それにアツアツのおにぎりが2個。
もう満腹!ここの大盛りを頼むなら余程腹ペコの時にしたほうが無難。常連さんとおかあちゃんとのお喋りが気になることもあるけどそれはご愛敬。

 岡山市富田町2-10-20
   ℡086-223-4056
 営業時間*11:20~14:30頃 夜はやってない
 休  日*日祝水曜日(時々気まぐれ休みあり)
 場  所*中国銀行富田町(とんだちょう)支店の西出入り口の前。岡山駅徒歩10分。
細い路地にあるので見つけにくいかも。駐車場なし

 今回は超ローカル、超ピンポイントの紹介でした。

(定額給付金で別荘でも買うか! 2009年3月上旬 片山芳孝 記)

「天草 紅アラの刺身! 2018年10月」

十五夜(中秋)の名月に次いで美しい月を見ることができるとされている十三夜。その夜の月は「後の月」とも「栗名月」とも呼ばれます。   今年の十三夜は10月21日。 私(片山)は熊本の阿蘇で名月を愛でることができました。 その日の日中は半袖で過ごし、日が陰ってから...