2006年5月25日木曜日

「違い」

平成18年5月1日より酒税が改定されました。値上げになったもの、値下げになったもの、様々です。
 清酒、焼酎そしてラガービール・・・・・、お米を使ったアルコール飲料。どれも弊社の加工米をお使い頂いている大切なお客様です。

 日本で酒の器といえば、銚子(ちょうし)と徳利(とくり)。両方の名称を何気なく使っていますが、その「違い」は?
 平安時代頃から使用され、正月のお屠蘇や結婚式の三々九度の時に使われる、柄や下げ手のついた酒器を「銚子」と呼んでいました。一方、「徳利」は古代の酒器である瓶子(へいし)が変化したもので、もともとは酒を運ぶ壺状の容器の事。それが転じて瓢箪のような形の酒器を「徳利」と呼ぶようになったそうです。その「徳利」の語源は、朝鮮語のトックル(酒壺)からきたという説があります。

 「違い」と言えば、「おむすび」と「おにぎり」の違いはご存知ですか?
 なんと、あの「古事記」に「産巣日」という言葉があり、「むすび」という音であったと考えられています。この「産巣日」、天地万物を生み出す神霊(しんれい)、またはその力を意味する言葉で、現代でも産霊(むすひ)という言葉が残っています。
 また「古事記」の時代の日本人は「山」を神格化し、その神の力を授かるために米を山型にして食べたものが「おむすび」の始まりだという説があります。
 つまり山型(三角形)のものが「おむすび」で、「おにぎり」は「にぎりめし」から転じた言葉で、どんな形でもよいと言われているようです。この他にも様々な説があるようです。
 ところで、ローソンやサークルKでは「おにぎり」、セブンイレブンやファミリーマートでは「おむすび」って呼んでいること知ってました??
   =PHPおよび「そらのたま」http://sasapanda.net/ から無断引用=

(日照不足で、気温が低く、今年の米の作柄が心配な5月下旬 片山芳孝 記)

「平成30年7月西日本豪雨について 2018年 7月」

 このたび7月5日から7日にかけての西日本豪雨でお亡くなりになった方々に謹んでお悔やみ申し上げます。 また被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。    弊社は駐車場等に僅かに浸水がありましたがおかげさまで大きな被害はなく、また幸い従業員も全員無事でございま...